通販で紙袋を購入する際の選び方
2017.05.23

赤い紙袋

ハイブランドの限定商品やご当地の名産品に、車や家まで。いまやインターネットで購入できない物はないと言ってよいでしょう。そしてもちろん紙袋も、ネット通販で購入できます。ネット通販は、それ以前のような時間のかかる打ち合わせや手間をかけず、メールやシステム上のやり取りだけでオリジナルの紙袋を作成したり、購入したりすることができます。問屋さんに版型作成から依頼していた時代とは違い、変わったデザインや素材に対応してくれる会社もありますし、低価格が売りの会社も、短納期が可能な会社もあります。
しかし、そんな便利な通販だからこそ、紙袋を購入する際にはいくつかの注意点があります。
紙袋はノベルティやワインボトル、スイーツに書籍など様々な商品を入れることができます。そして、その材質やサイズ、形状によっては商品を保護することもできますが、持ちにくかったり、持ち運ぶ途中で破損してしまったりする場合もあります。ですから色やデザインだけではなく、入れる商品にあった材質や形状の紙袋を選ぶ必要があります。
たとえばアパレル関連の商品を入れるのならば、マチが十分にあり、さげ手が長めで肩からゆったりとかけやすい仕様の紙袋が良いでしょう。またスイーツを入れる為の紙袋ならば、袋部分はコンパクトでも、さげ手は持ち運びしやすくかつしっくりと手に馴染む平紐になっている紙袋が良いかもしれません。また、陶器類やワインボトルなど、重さのある商品を入れたい場合もありますよね。その場合は、底がボール紙などで強化された紙袋などを選びましょう。
実物を手にとって確認できる店頭とは違い、ネット通販では商品の説明分と写真で判断するしかありません。しかし紙袋は商品そのものではなく、商品を運ぶ為の梱包材です。販売後の無用のトラブルも防ぐためにも、最適な素材と形状のものを選び、選択に迷ったら購入前に業者に相談しましょう。
また、既存の紙袋を購入するのではなく、オリジナルの紙袋を作成する場合は、事前の確認がさらに重要になります。「イメージしていたデザインと違うものができてしまった」。そんな哀しい事態に陥らないよう、色柄、形状について明確にすり合わせをし、疑問点があれば逐次問い合わせましょう。紙袋は梱包材であると同時に、お客様が持ち歩く間にあなたのお店を宣伝してくれる、大切な販促ツールです。通販で紙袋を購入する際は、目先の安さに惑わされず、質問に丁寧に答え、要望には真摯に対応してくれる業者に依頼するようにしましょう。

▲ ページトップへ