紙袋のデザイン性
2017.05.23

笑顔の女性

紙袋を選ぶ際は、色や柄といった紙袋のデザイン性にこだわることが大切です。シンプルに無地の紙袋を選ぶにしても、白にクラフト、黄色に赤、青。ギフト商品の華やかさを演出できる、金や銀などもあります。
有名ブランドの紙袋は、一目見ただけでそのブランドが判る素晴らしいデザイン性のあるものが多いですよね。それに倣い、紙袋の色や柄を選ぶ際は、あなたのお店のカラーやお客様の層を考慮して選ぶようにしましょう。お店に足を運んでくれたお客様が、持って嬉しくなる様な、誇らしくなるようなデザインの紙袋。また、クリスマスやバレンタインデーなどイベントに合わせてデザインを変えるのも、特別感が出て良いですよ。
紙袋のデザインを決めるのは、色や柄だけではなく、そのベースとなる紙自体の素材でもあります。ナチュラルな雰囲気が魅力のクラフト紙から、高級感のあるコート紙まで、選択肢は多数あります。
例えば「未晒(ミザラシ)クラフト紙」を使えば、素朴でカジュアルな雰囲気の紙袋に仕上がります。用紙の風合いをいかした紙袋や、ワンポイントのロゴを印刷する紙袋に適しており、ナチュラル系のアパレル、ハーブなどを販売するオーガニック・ショップに向いています。茶色ではなく白い用紙が良いのならば、「未晒クラフト紙」と同じ風合いで白色の「晒(ザラシ)クラフト紙」があります。また、「半晒(ハンザラシ)クラフト紙」は「未晒クラフト紙」よりも薄くて優しい風合いを持ち、印刷の発色が良い用紙です。
デパートやセレクトショップなどの紙袋に適しているのが、「片ツヤクラフト紙」です。これは、「晒クラフト紙」の片面を光沢加工したもので、表面にはツヤがあります。コート紙に比べると発色は劣るものの、マットPP加工を施せば、上品な仕上りを実現できます。
「エスプリコート紙」は、コート紙の中でも最高品質の用紙で、フルカラー印刷に最も適しています。表面加工を施せば更に高級感がまし、強度もUPした紙袋となります。高級ブランドショップの紙袋の素材として使われている場合が多いですね。
これらの素材に加え、印刷や表面加工を組み合わせることで、紙袋に表情をつけることも可能です。例えば紙袋をより見映えよくする為に行うのが、「表面加工」です。高級ブランドや百貨店の紙袋は、光沢やマット感のあるコート紙素材のものが多いですが、それはたんに高級感を狙うだけでなく、紙袋に強度をつける為にも使用されています。そしてコート紙には表面加工のPP加工が必須です。ちなみにPP加工にも種類があり、イベントの時にはグロスPP、会えて落ち着きを出したいのならマット PPと使い分けられています。

▲ ページトップへ