紙袋のビジネス活用
2017.05.23

ショッピング

紙袋の役割は、まず商品を入れて運ぶ梱包資材の役割がありますが、広告としての役割もあります。あなたのお店に足を運んで下さったお客様が、あなたのお店のロゴやデザインが書かれた紙袋を持ち帰る。その間ずっとその紙袋は人目に触れ、あなたのお店を宣伝し続けてくれるのです。ですから効果的なデザインの紙袋であれば、非常に高い宣伝効果を得られるわけで、紙袋のビジネス活用と言えます。
宣伝や広告としてまず思い浮かぶのは、駅やビルの上に掲示されている看板かもしれません。しかしそこに広告を掲載しようとすれば、場所や大きさにもよりますが、莫大な費用がかかることは間違いないでしょう。他にも電車の中吊りや雑誌に新聞、インターネットの商業サイト等にも広告は掲載できますが、こちらも安い方法とはいえず、手軽に試すとはいきません。けれど紙袋の場合は、それらの宣伝方法に比べればかなり費用も抑えられます。
そしてもう一つ紙袋の良い点をあげるとするならば、最近ではネット通販でオリジナルの紙袋を小ロットから作成できるようになっていますので、素材やデザインにこだわったり、季節やイベントごとにデザインを変えたりすることも容易な点があります。
紙袋を単なる使い捨ての梱包資材と考えれば、出来るだけ安く済ませる為に無地や、すぐ破れそうなチープな素材を使うこともできます。しかし紙袋をビジネスに活用しようとするならば、無地ではなく色・柄のあるもの、デザインやコート紙などの高級感あふれる素材にこだわった紙袋にした方が、より人々の目に留めることができます。無地やどこにでもあるような無難なデザインの紙袋では、せっかくお客様が持ち運んで下さっていても、お店の宣伝にはなりません。
ビルや駅の看板広告が動くことはありませんが、紙袋はお客様が持ち歩かれる間はずっと、動く広告となります。モノによって、またデザインによっては、莫大な費用をかけた看板広告よりも、多くの人の目に触れる可能性があるのです。ですから、既成の紙袋を利用するのも良いですが、どうせならばオリジナルデザインの紙袋を利用しましょう。
オリジナルの紙袋をデザインするメリットは、たくさんあります。自分が利用者の立場になって、想像してみてください。素敵なデザインのカッコイイ紙袋ならば、使い捨てはせずにその後も何かに利用しようとしますよね? 保存しておきたいくらい素敵なもの、飾っておきたいくらいのデザインならば、その間はずっと、その紙袋はあなたのお店を宣伝し続けてくれる広告となるのです。

▲ ページトップへ